太陽光発電

太陽光発電

太陽光発電に関する情報を集めてみました。
導入を検討されてる方は、参考にしてみてください。

いいものMall > 太陽光発電

太陽光発電 メリット

最近は、太陽光発電システムの設置が人気ですね。

一般の住宅の屋根への設置も大分普及してきました。

もし興味があり、導入を検討する場合、まず考えるのが、

そのメリット・デメリットですね。

メリットがデメリットを上回れば、あとはコスト・費用的な面をクリアすれば、

太陽光発電をスタートできます。

さて、そのメリットはというと、

  メリット1 光熱費用の節約(電気代・ガス代・灯油代等)

  メリット2 環境に優しい(Co2削減に貢献)

  メリット3 停電時には、自家発電の非常用電源として利用可能

  メリット4 家庭での家族・個人の節電意識が向上する

  メリット5 余剰の太陽光発電分は、買取してもらえ、収入を得られる

一方、デメリットは、

  デメリット1. 太陽光発電システム導入時の設置費用が大きい

  デメリット2. 太陽光パネルが屋根に場所をとる

          (新築時であれば、パネル位置を優先した屋根形状を検討)

  デメリット3. 発電量が天候や方角などに左右されてしまう

          (北・東・西向きは、南に比べて発電効率が少ない。降雪地域は不利)

  デメリット4. 機器の入替えなど適宜メンテナンスが必要

  デメリット5. 屋根の状態(老朽化・屋根素材・方角・斜度)により、取り付けできない場合がある

 

これらを踏まえて、導入の検討をよくして、しっかりと応えてくれる業者選定が必要です。

 

太陽光発電 価格

2014年度現在の太陽光発電での電力買取価格は、

       10KW未満の住宅用の余剰買取は、10年間固定 37円(税込)

       10KW以上は、全量買取で、20年間固定 34.56円(32円+税8%)  です。

 <買取価格の推移>

2010年度  48円(税込)

2011年度  42円(税込)

2012年度  10KW未満 42円(税込)  10KW以上 42円(40円+税5%)

2013年度  10KW未満 38円(税込)  10KW以上 37.8円(36円+税5%) 

10Kw未満の住宅用余剰電力買取は、大きく買取価格が下がっていませんが、

10Kw以上の全量買取については、年々(約5円程)金額が下がっていますので、

太陽光発電システム導入を検討している場合には、早めに判断をして

導入に踏み切る方が得策の様です。

 

尚、政府の補助金は、太陽光発電システムの市況価格をみながら、国が決定してきていて、

94年に導入され、2005年度で、「一定程度普及した」として補助金制度を一度打ち切り、

再度、2009年に補助金制度が復活した経緯がありますが、2014年度に廃止が決定となっています。

 

太陽光パネル

太陽光発電のシステム設置には、色々な業者が、それぞれ特性を持ったパネルを提供しています。

そこで、メーカー、販売店、代理店などでの、施工の仕方や規模、太陽光パネル能力、価格などが

それぞれに違っていて、どの太陽光発電システムが良いのかはわかりずらいと思います。

太陽光パネル1つとっても、ユニットの大きさ、製造が、国産、中国製、台湾製、韓国製などがあり、

比較的価格が安く、能力が少し劣ると言われる多結晶タイプ、

価格は高いが発電能力が高い単結晶があります。

つまり、限られた屋根スペースで、多く発電となると、少々高くても、

単結晶のパネルで変換効率の良いパワーコンディショナーを選びたいでしょうし、

広いスペースが利用出来るのあれば、単価は安く抑えて、たくさんパネルを設置するという、

施主希望が出てきます。

素人ではわかりづらいこともありますので、まずは、情報を集めて、相談をして、

自分の環境・希望・規模にあった太陽光発電システムを選ぶことをオススメします。

そこで、便利なのが、ネットでの「太陽光発電の一括見積もり」です。

手軽で簡単(入力1分程)で、ある程度の基準をクリアした複数の業者から見積がもらえるので

とても便利ですね。また訪問でのセールスなどとは違い、しつこい営業の心配もないですし、

業者との相談の際には、他社見積もりは有効に利用ができます。

<10kw未満 家庭用>

【住宅用太陽光発電】グリーンエネルギーナビ見積もりプログラム

<10kw以上 産業用>

【産業用太陽光発電】グリーンエネルギーナビ見積もりプログラム

 

太陽光発電 トップへ戻る

Copyright 2014 © いいものMall All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ